世界の大企業は競争力を減らし

スウェーデン中部の山間部には、全欧最大の陸上風力発電プログラムの1つが、初期に原型を示しているこの風力発電機は、2015年の製品化後、発電量90メガワットになるが、電気供給対象は家庭や職場ではなく、北欧の小売店であるイケア(ikea)傘下の店であるイケアは、2020年までにエネルギーをすべて再生可能なエネルギーにすることを望んでいる

グロtesvalenの風力発電所があり、イケアはスウェーデンで完全なエネルギー自給率を達成することができ、再生可能エネルギーは全世界のエネルギー消費量の割合を70%から80%までとしている宜家は再生可能エネルギーに15億ユーロを投資しており、その中では太陽エネルギーと風力事業が主にある

(chief sustinability officer)スティーブ?ハワード(steve howard)は、「価値観『演習』であり、『感情と思想演習』でもある」と話したしかし、イケアは、自分の炭素の足跡を削減して、エネルギー供給を保障するのではなく、環境への責任感を低下させ、企業のコストを下げた」と話した

f:id:vlbluesky:20170815180744p:plain


ハワード氏は、「これから10年になると、炭素排出料金は必ず次のようになる。能源組合炭素価格は値上がりするだろう」と述べたこれは企業にとって大きなコストであるエネルギー供給が自給自足した場合、利益センターを作ることができる」と述べた

イケアは唯一のエネルギーで自給する会社ではありません世界各地では、多くの会社がエネルギー原価を制御するように、自分のやり方を変え始めたこれまで、エネルギー効率は会社の「グリーン?アジェンダ」の1つに過ぎなかったが、コストが上がるにつれ、エネルギー効率が会社全体の問題になっている」と話した

英国政府は昨年、消費電力の減少をどのように減少させたのだろうか英国政府は「エネルギー効率化の可能性が発揮された後、2020年までに節約できる電力は22の発電所発電所に相当する」と明らかにしたまた、英国政府は、これまでの炭素排出量削減(crc)の使用を簡素化した。これはすでにcrcの効果的な計画に変更された」と述べた

Does the composition of soap lead to antibiotic resistance?

Recent research published in the journal of antimicrobial chemotherapy suggests that British scientists have discovered a possible link between the common antimicrobial ingredient and antibiotic resistance.

Triclosan was warned by the FDA

The U.S. food and drug administration (FDA) in 2016 warned consumers to use triclosan soap because it has safety concerns and no evidence that it is better than regular soap. But in fact, in addition to antibacterial soap used by health care agencies, triclosan has been added to products such as toys, furniture and clothing to prevent bacterial contamination.

The FDA warned that triclosan could lead to antibiotic resistance - meaning the drugs are no longer effective when bacteria evolve and exhibit ways to avoid them.

Bacteria or the production of cross - resistance

The new study presents a possible explanation of how the antibiotic resistance is produced.

The researchers focused on a phenomenon known as "cross resistance", when resistance to one type of antibiotic was given another type of resistance.

In particular, the new study found that when certain bacteria developed resistance to a group of drugs called quinolones, they also became resistant to triclosan. Quinolones kill bacteria by killing enzymes that help DNA replicate during replication. (when a cell replicates its DNA, it needs to untangle and separate the two strands of DNA that make up the double helix.) If bacteria can't release DNA, they can't replicate. Examples of antibiotics in quinolones include ciprofloxacin and levofloxacin, according to the university of Maryland medical center.

Bacteria can develop resistance to quinolones, however, because of the mutations that make it more difficult to bind to DNA. But the researchers found that, in addition to these changes, quinolone class drug-resistant bacteria also opens the other self defense mechanism, the mechanism of combination, also can make resistant bacteria in chemical production.

Initially, the researchers found that quinolone resistance and triclosan resistance were associated with salmonella detection. But in a new study in the lab, the mechanism can also be found in e. coli.

England Birmingham university institute of microbiology and infection, a senior lecturer, Mark Webber (Mark Webber) said in a statement: "we believe that the bacteria are thought to always attack, and then is raised against other threats, including triclosan. Fear is that this situation may be reversed, triclosan exposure may promote the growth of antibiotic resistant strains."

However, the researchers found no evidence of this in the new study. More research is needed to see if triclosan can lead to bacterial resistance to other antimicrobial agents.

"Understanding how antibiotic resistance has occurred and under what conditions is crucial to preventing the emergence of more antibiotic-resistant bacteria," Webber said.

6年という月日は

 6年という月日。早かったのだろうか、遅かったのだろうか。こうして東日本大震災を振り返る度にHK WSET、直後から感じてきた後ろめたさが蘇る。あの日、東北にも、まして日本にもいなかった自分が、被災した地のことを伝える資格があるのだろうか、と。けれども6年の月日の中での出会いが私に教えてくれたのは、その後ろめたさから逃げない、ということだった。この感情から目を背け、沈黙の中に閉じこもらずに、何を発することができるだろうか。模索は今でも続いている。
 これまで取材でお世話になってきた陸前高田市ではbusiness license hong kong、新しい街づくりへの議論が揺れ続けている。市役所をどうするのか。浸水区域外の高台か、区域内の商業施設近くか。少なくともいえるのは、今を生きている私たちの世代の選択が、この東日本大震災を知らない未来の世代の命を大きく左右するということ。これは東北でも、そしてまた遠くの別の街であっても考えたい。「昔、大きな地震津波が起きたんでしょ? 次に起きたら大丈夫?」と子どもたち、孫たちの世代に問われたとき、「その反省を活かして、しっかり命を守れる街を皆で築いてきたんだよ」wine course in hk。そう堂々と答えられるこれからを選択できているだろうか。